仕事にやりがいがないと、毎日退屈でストレスばかり感じてしまいますよね。そのために1日の1/3以上を費やす日を週に5日、土日だけを待ち望んで平日が通り過ぎるのを耐え忍ぶ感覚でいる人も多いのではないでしょうか。
かくいう私がOLの頃そうでした。

自分のやっている仕事が事務だからやりがいがないとか、この会社ではやりがいを見つけられないとかそんなふうに思っていたのが間違いだったのです。

この記事では仕事のやりがいをどうやって見つけるかについてご紹介します。

仕事を通じて感じたい気持ちを見つめる

そもそもどのようなことにやりがいを感じるのかは人それぞれです。あなたはどんな時にやりがいを感じられるのか、自分のことをちゃんとわかってあげていますか。
これまでフリーランスの事務のお姉さん養成講座の受講生さんと関わる中で私が見つけた、事務職の人が感じたい気持ちの代表的なものを4つ挙げてみましたので、参考にしてあなたが感じたい気持ちを探してみてください。

感じたい気持ち①感謝されたり褒められたりした時の喜び

内勤で外部の人との関わりがなく、手間がかかる割に難易度は低いのであまり感謝もされず、褒められることも少ない事務。
自分の仕事を誰かに認めてもらえたり、工夫に気づいて褒めてもらえたりするととても嬉しいですよね。
フリーランスの事務のお姉さん養成講座の受講生の多くが「感謝されたい」「褒められたい」「人の役に立ちたい」と言います。
こういう気持ちを感じたいからこそ、社長さんが片手間でやっていた事務を引き受けることで直接お客様から感謝されてお金ももらえる、フリーランスの事務のお姉さんに魅力を感じるのだと言います。

感じたい気持ち②ノーミス&スピードを実現した達成感

大量のデータ入力や定型業務が多い事務。そういう仕事こそ1秒でも速くかつノーミスでやり遂げられると、達成感を味わえますよね。
ちょっと自分が優秀な人材のような気になれるので気分がいいです。フリーランスの事務のお姉さん養成講座の受講生でも、作業を1工程でも1秒でも少なくすることでミスのリスクを減らして、リズムよくスピーディーにこなすことに喜びを感じる方がいますよ。

感じたい気持ち③効率化してみんなの手間を省いてあげる誇らしさ

転職するととくに気づくことですが、ただの慣習だけで行われている無駄な作業や、ミスが連発するなどのトラブルがあるのにみんな改善しようとしないことってあなたの会社にはありませんか。
フリーランスの事務のお姉さん養成講座の受講生のほとんどの人が、こういうことに気づいて自分なりに問題を解決する方法を考えて、会社や部署の人たちみんなの効率化や問題解決をした経験があります。
「私が声を上げて仕組み化したことでみんなの仕事がやりやすくなった」という実績はとても誇らしいですよね。

感じたい気持ち④スキルアップして成長する喜び

フリーランスの事務のお姉さん養成講座の受講生にごく稀にいるのが、すごいスキルを持った人です。
彼女たちは長い年月をかけてコツコツ地道にExcelマクロの勉強をしたり、敢えて派遣や契約社員を選択してたくさんの会社で短い期間仕事をして幅広い経験を積んだりしています。
自分のスキルや知識、経験を増やすことで成長を感じられることが喜びなのです。

代表的なものを4つ挙げましたがいかがでしょうか。
もしこの中に該当するものがない場合は、今までの仕事で嬉しかったことや楽しかったことを思い出してみてください。
それをまた感じたいと思えば、それがあなたの答えだと思いますよ。

感じたい気持ちになれるような仕掛けを作る

さて自分がどんな気持ちを感じたいのかを掴めたら、次は仕掛け作りです。
感じたい気持ちが「②ノーミス&スピードを実現した達成感」だと仮定して説明します。あなたが担当している業務の中で、ノーミス&スピードを感じられるものを探してみてください。
例えば月末の請求書発行・発送作業100件という業務があるとします。
請求書の三つ折りを全部やってから封入するのか、会社ごとに折りと封入を繰り返すのか。
封筒の折口を一度折ってから糊づけして封をした方が綺麗に折れるのか、一度で綺麗に折り口のところで折れるように訓練した方が速いのか。
このように1秒でも速く作業完了するように、細かく手順を見直して工夫します。実際に作業時間を計測して、毎月タイムが向上していくように試行錯誤を繰り返すと、この仕事でノーミス&スピードの達成感を味わえるようになります。

あなたの同僚が担当している業務でノーミス&スピードができる業務があれば、担当を変えてもらえいできるだけ楽しめる業務を増やしていくようにしてもいいでしょう。

あなたの感じたい気持ちが、あなたの日々の仕事で経験できるように工夫してみてください。

自分で工夫してやり遂げることがやりがいの正体

この記事の冒頭にも書きましたが、あなたの仕事がやりがいのない仕事なのではなく、あなたが自分の仕事が楽しくなる工夫をしていないだけなのかもしれません。

私たちは自分の成長や成果を感じられると、嬉しくてもっと頑張ろうという気持ちになれます。大事なことは、自分で改善点を見つけること、自分で考えて工夫すること、決めたことを守ることです。
人に言われてとか会社の決まりでやるのではなく、「自分で」考えるということがポイントですので、今まで以上にあなたがあなたの仕事や会社のことにコミットするように心がければ、さらにやりがいを感じられるようになると思います。

もっと根本的な問題だと思うなら

すぐにできる簡単な方法をお伝えしましたが、もしあなたが「ピンと来ないというかもっと根本的な奥深い問題のような気がする」と思っているなら、生き方そのものを見つめなおす時なのかもしれません。
人生を通してどんな経験をしたいのか、どんな気持ちで日々を過ごしたいのか、どんな人間でいたいのか(なりたいのか)、自分にとって一番大切なことは何かなどの質問の答えを見つける必要があります。
つまり仕事にやりがいを感じられないのではなく、人生が理想的でないから仕事にも前向きに打ち込めないという状態です。

私は仕事にやりがいを求めません。向き不向きもあまり気にしなくなりました。
そんなことよりも人生を通してやり遂げたいことがわかったからです。それを達成するためなら作業がつまらなくても苦痛でも、自分に向いていないことでもやりたいと思うからです。

生き方を見つめなおしたいあなたには、フリーランスの事務のお姉さん養成講座の無料体験講座に参加することをおすすめします。
自分の今後の人生を真剣に考えて、自分で自分の人生を創っていこうと決めた人たちがフリーランスの事務のお姉さんになることを選択しています。
つまらないはずの事務が素晴らしい仕事に変えられますので、ぜひ一度話を聞きに来てみてくださいね。
多くの人が人生を見つめなおし、前向きな気持ちで帰って行かれますよ。