今日は、第5回フリーランスの事務のお姉さん養成講座でした。

 

最近このポーズが流行っているらしいですよ。風に吹かれたポーズ?風が、、風の、、風がどうのこうのポーズ。。なんだっけ。。

 

第5回のテーマは「お客様は神様です」ということで、お客様について、お客様と自分の関係について考えてみました。

 

自分をフリーランスの事務のお姉さんたらしめてくれているのはお客様がいるから。お客様がいなかったら、フリーランスの事務のお姉さんと言えるんだろうかということです。自称なのか他人にとってもフリーランスの事務のお姉さんなのかというのは、やっぱりお客様がいて仕事を頼んでいただいて実際に仕事しているという事実を人に言えるから、自分の生活がそれで成り立つから、なんですよね。

 

今までは会社内の人間関係が悩みの種だったり、どんな同僚や上司がいるかというのが大きなことだったと思います。これからは自分とお客様の関係がとても重要になります。

会社員の自分とは全く違う感覚を持つ経営者が考えていること、事務代行業者である自分に対して思っていることについて考えることで、自分がお客様に対してどんなスタンスで接していくかの方向性が見えてきます。

 

また、理想の関係を考えることも大切です。人との心地いい距離感はそれぞれです。一緒に飲みに行くような関係性を望むのか、ビジネスライクな関係性を望むのかなど。これからずっと事業者としてやっていくためには、自分にとって心地いい環境に整えていくことが重要です。辛いことは続かないですからね。そのために自分がお客様に約束できること、守ってもらいたいルールを事前に考えてみます。

 

そして、それを叶えるために契約書に落としていきます。

フリーランスの事務のお姉さん用の契約書のひな形を基に、色々なお客様とのやり取りを経験しながら自分だけの契約書を作り上げていってほしいなと思っています。

 

 

 

今日はワークが盛りだくさんで、時間が足りなくなって飛ばし飛ばしになってしまいました。。

基本的に毎回時間が足りないのですよね。この講座を丁寧にじっくりことこと(違)やったら半年はかかるだろうな。。という詰め込み具合で恐縮です。。

 

発想力を磨くワークは楽しいので短時間でしたが最後にやってもらいました。新しいものを作りたいとき、ピンチをチャンスに変えたいとき、困難を楽しいことに変えたいとき、自分を救ってくれるのは自分から出てくる楽しいアイディアです。

 

自分の人生は自分で楽しくしないとね。

 

 

さてさて、次回はいよいよ、ゲスト講師に来ていただきます。

とっても楽しみ!!次回の講座レポも読んでくださいね。

それこそ半年くらい期間があればたくさんのゲストの方に来ていただいていろんな講義をしていただくことができますね。

でもそれは、フリーランスの事務のお姉さんになってからのお楽しみにします。