今日は、フリーランスの事務のお姉さん養成講座4期生の第2回の講座でした。

 

 

まだ2回目ですが、さっそくメニュー作りをします。

 

起業後に自分が提供するサービスと料金を決めるために、何を考えればいいか、どういう視点を持つといいかというポイントに沿って考えていきます。

 

今回作ったメニューは卒業までに変えていいし、起業後も変わっていくものです。

 

フリーランスの経験もないのに作ったメニューに対して”これでいいのかな”という不安はあるけれど、決めないと進まないのです。

 

当然ですね。

 

何をやるのかいくらでやるのかわからないのに、仕事を頼めないですから、価格設定が安かったとしても高すぎたとしても、サービス内容がいまいちだとしても、決める。

 

 

そして、チラシ作りのお話をしました。

 

自分が作ったメニューを買ってもらうために、魅力的に見えるように、是非頼みたいと思ってもらえるように、自分のサービスを落とし込んでいきます。

 

人に発表するものを作るという作業は、自分のサービスやスタイルを決めるのにとても役立ちます。

 

相手にとって魅力的なサービスを提供するために何をすればいいのか、何を考えればいいのかがとても見えてくるのです。

 

第2回でここまでやるのは難しいけれど、早い段階できちんと考えて形にすることで、その先の起業準備を有意義なものにできると思います。

 

 

第2回の心のお話は、今まで定額制働き放題で感覚としては無料で作業していたあらゆる仕事に今後は料金をつけていくことになります。

 

感覚として無料でやっていたので、お金をもらうことに抵抗感があったり罪悪感があったりします。

 

「こんな普通のことをやっただけでこんなにお金もらっていいのかな。」

 

お給料には文句を言うけれど、いざ直接お金をもらうとなると、戸惑ってしまうものなんですね。

 

最初のうちだけね(笑)

 

ですので、堂々とお金をもらえるような考え方、そして安く見られない振る舞いをしようということをお話しました。

 

起業したての新人で自信なさげで、しかも事務という下に&安く見られがちな商売で、人前に慣れていなくて華やかオーラも出ていないと、仕事って決まりにくいんです。

 

私も初めて会った人に、安い感じするね、だとかもっと洗練されたおしゃれなファッションした方がいいだとか色々言われましたよ。

 

脳内の素敵なセルフイメージと実際の(他人から見えている)自分とのギャップはなかなか埋まらないものです。

 

素敵に見える練習って必要なのですよ。

 

 

 

さて、次回は第3回。自分ことをネット上で知らせていくことや表現することについてと、とっても大事な心のお話をします。

 

次回の講座レポートもお楽しみにリンゴ