今日は、第5回フリーランスの事務のお姉さん養成講座でした。

 

今回は(も)もりもり沢山の内容になりました。時間が足りず、駆け抜けた感じになってしまいましたね。。

 

 

テーマは「お客様は神様です」です。

 

前回の宿題でビジネス交流会に行ってきてもらいまして、どんな人が自分のお客さんになるのかリアルにイメージが湧いてきたかなと思います。

 

フリーランスの事務のお姉さんに大事にしてもらいたいことは、自分のことを大切にしてくれる人をお客さんにするということです。

 

単発のお仕事もありますが、基本的には長いお付き合いになるので無理なくお仕事ができることが本当に大切です。

 

自分を大切にしてくれる人だからこそ、自分ももっと頑張ろうと、誠実であろうと思えるものです。

 

私たちは、やっぱり、心で動いているのです。

 

 

会社のお客様と、自分のお客様は全然違います。お客様って感謝しきれないくらいすごいたくさんのことを与えてくれます。

 

仕事の提供とお金の支払いだけでは、全くもってないのです。

 

 

そして、そんなお客様と理想的な関係を続けるためには、契約書が必要です。

 

契約書は、自分がやりたいこと、やれること、できないこと、やりたくないこと、お客様の、やってほしいこと、守ってもらいたいことを言葉にして紙に記してお互い持っておくもの。

 

難しい言葉で書いてあって構える人もいるけど、約束や誠実さのしるしなのです。

 

と、いうことで契約書の作り方をお伝えしました。

 

 

 

今回で、心の在り方のお話は最後になりまして、どんな自分も受け入れてあげようというお話をしました。

 

 

自分の中にはありとあらゆる自分がいますが、そのひとりひとりのすべての存在を否定せず、これからも一緒に生きていくという誓いを立てる。

 

そんなお話をしました。

 

自分を愛する、ということ。自分への愛情を育てるということです。

 

 

 

そして、現実に対しても同じです。

 

どんな現実もただ受け入れるのです。

 

私の人生には悪いことは起こりません。

 

私はいつも今目の前にある現実の意味を考えます。何かのお知らせサインだと、私に何かを教えようとしていると。

 

それを読み解いて、自分の捉え方や行動を変えることで、事態は好転していきます。

 

好転しているのかどうか今わからなかったとしても、必ずいつか好転するように、この世界は作られていると思っています。

 

自分が目の前にある現実をきちんと見つめて対処していきさえすれば。

 

 

 

私は大丈夫。

 

そう思っています。

 

誰に何を言われても何が起きても、私は大丈夫だとしか思えないのです。

 

 

 

 

 

超大丈夫と思えるようになるためには、自分のこと、自分の目の前にある現実をしっかりとみつめて対処していくことが必須条件になるので、

 

”できる方法を考える”というワークをやっていただきました。

 

珍しく、多めに時間をかけて、自分の夢や目標を本当に叶えるための計画を立てていただきました。

 

自分だけの自分のための”できる方法”をいつも考えてあげることが行動に移すためには必要です。

 

願っているだけじゃ叶わないことはいくらでもある。

 

「自分にやれるだけのことはやってあげる」そういう自分への愛情がなければ、辛い現実でも冷静に受け入れて見つめて、望む方向へ変えていくことが出来なくなると思います。

 

自分を愛する。ということ。

 

 

 

どんな自分にもどんな現実にもOKを出そう。

 

 

 

 

 

さて、次回は、なんとなんとフリーランスの事務のお姉さん養成講座に素敵なゲスト講師が来てくださいます!!!!!

 

とても嬉しいです!

 

こちらのブログでのご報告をお楽しみにねウィンク