今日は、第5回フリーランスの事務のお姉さん養成講座でした。

 

 

今日のテーマは「お客様は神様です」です。

 

 

お客様は神様ですって、なんだか、お客さんを誰彼構わず偉い人として扱わないといけない卑下した精神があるような感じがしていたのですが、

 

自分が事業者になって本当の意味が解りました。

 

ので、私が理解した意味をお伝えしました。

 

そして、今まであまり関りがなかった”経営者”という人について、どんなことを考えているのか、どう関係性を作っていくかということをお話しました。

 

 

フリーランスの事務のお姉さんとお客さんの関係性は、人それぞれ。

 

どれくらい深く関わりたいか、距離を保ちたいか、どんなルールが欲しいか、そんなことを考えてもらいました。

 

そして、それを叶えられるように、ルールや約束事を記す契約書の作り方をお伝えしました。

 

 

 

先日、フリーランスの事務のお姉さんを全面バックアップしてくれている女性士業の会assemble+の弁護士さん、行政書士さんとランチをしたのですが、

 

契約書になじみがない女性フリーランスの方が契約書に偏見があって契約書を交わすことをとても恐れてしまい、お客さんとの関係性を崩し、仕事も失ってしまったというお話を聞きました。

 

私は契約書というのはお客さんとの約束や自分のサービスの決まり事を文章化しただけのものという認識でいるので、何の恐れもなく自分で作ってしまうくらいです。

 

契約書特有の言葉遣いなだけなので、それを普段使っている言葉に変換して、私が作ったフリーランスの事務のお姉さん用契約書雛型を解説しました。

 

自分で契約書を作ってそれにお客さんにサインしてもらうというのがフリーランスの事務のお姉さんのスタイルなので、専門家の力も借りながらどんどん自分で作っていけるようになってほしいなと思っています。

 

 

 

 

 

そして、これからフリーランスになると、ありとあらゆることに答えを出して対処して行くことになります。

 

そのために役に立つ、望まない現実が現れたときの対処法をお伝えしました。

 

先程の契約書が怖い女性フリーランスの方のように、相手の意向や現実の捉え方を誤ると、躓かなくていいところで躓いて前に進めなくなります。

 

好意やチャンスを受け取るどころか、不信や恐怖でいっぱいになって逃げてしまって、叶うはずの理想から自ら遠ざかるということをしてしまいます。

 

とっても、もったいない!

 

なので、いつでも、自分を見つめて冷静に、前向きになれるようにちょっとずつ練習していってもらいたいなと思っています。

 

 

 

最後にちょっと楽しいワークをやってもらいました。

 

超絶フリーダムで楽しいフリーランス人生を歩んで行ってもらいたいので、ワクワクするアイディアの生み出し方をお伝えして、課題の解決法や新しい商品を生み出してみるというワークをしました。

 

自分からワクワクするアイディアを生み出して、それをどんどん形にする楽しい人生をスタートしてもらいたいです。

 

 

 

さて、もう、2期生の養成講座は残すところあと2回になってしまいました。

 

私から提供できる情報はできるだけ出し切って、楽しいフリーランスの事務のお姉さん人生のスタートを切れるようにしていきたいと思います。