今日は6回目のフリーランスの事務のお姉さん養成講座を実施しました。

 

第6回のテーマは「1人で複数社をやるとどうなるか」です。

 

 

社員や派遣社員であれば当然、自社の仕事だけ、もしくはグループ会社のこともちょっとやるだけ、というのが普通で、

 

ほとんどの方が複数社の事務を担当するという経験はないと思います。

 

 

 

色々な会社の事務やアシスタント業務をちょっとずつやるというのは、仕事内容が今まで経験してきたものとほとんど同じだったとしてもちょっと工夫が必要です。

 

 

 

お客さんの資料やデータが混ざらないような管理方法、

 

お預かりしている資料や共有してもらっている情報の取り扱いや管理方法をお伝えしました。

 

 

 

また、複数社から少しずつお仕事をいただくので、「月に一度だけ」「たま~にちょっとだけ」やる業務もあります。

 

そういう場合、簡単な作業であっても覚えているのが難しく、次にやったときに

 

忘れてしまっていたり、同じところで間違えたりします。

 

それを防ぐにはどういう工夫が必要かということもお話しました。

 

 

 

 

そして、会社に行かず自宅で仕事をする場合には、今までと同じ感覚ではできないことがたくさんあります。

 

例えば、ちょっと去年のファイルをめくって、処理の仕方を参考にするということができないのです。

 

去年の資料を参考にできないために、ネットや本で処理の仕方を調べるなどしていると膨大な時間がかかります。

 

お客様に書類を探して送ってもらっては手間をかけてしまいます。

 

このようなことがいくつもありますので、リモートで仕事をするために考えておくポイントをお話しました。

 

 

休憩中はおやつを食べます。

 

最近は休憩中に積極的に質問をしてくれるのでとっても嬉しいですWハート

 

 

 

 

 

休憩後は、ビジネスを楽しむということをテーマに

 

小さい会社が戦わずしてビジネスをするためのポイントをお話して、いかにして楽しく自由にお金をもらって生きていくかを考えてもらいました。

 

 

また、フリーランスでひとりで仕事をしていくのにとっても大切な

 

できる方法を考える練習もしてもらいました。

 

 

 

 

私が従業員という立場の頃は、会社や上の決定に対して不平をいい、上司や経営者を馬鹿にして、行動しない人たちが周りにたくさんいました。

 

私もそのようなことをしていましたし、それを普通だと思っていました。

 

そのことを賢いことのように、またそうすることで周りの人との連帯を高めていると感じていたところもあったと思います。

 

 

今思えば、全くもって馬鹿げた行為でした(笑)

 

 

 

 

自分で自分の世界を創って生きようと決めてからは、自分が設定した目標や理想を現実のものにするために

 

効果的な方法や必要なこと、うまくいかない原因などを探して行動するという超当然のことがようやくできるようになってきました。

 

 

できる方法を考えることが習慣になると、人生の楽しさや充実度が増し、楽観的に生きられるようになります。

 

 

できることが増える、やりたいことがやれる、難しいことでもやれる方法を見つけられる自分であれば

 

興味を持ったことや憧れていることに挑戦するハードルがぐっと下がります。

 

 

できる方法を考えて小さなことから実行していくというのは、自分を好きになって自信を持つための近道です。

 

地道で根気のいる、時間もかかる方法ですが、いつまでも楽して成功する方法ばかりを探し求めて行動しないでいるよりも

 

圧倒的に近道だと思います。

 

 

 

ぜひ楽しんで、「できる方法を考える&実行する」を続けてもらいたいと思います。

 

 

 

さて、いよいよ次回は最終回!

 

総復習ということで、この3か月をがっつり振り返って、これからにつなげていくサポートをしたいと思います。