今日はフリーランスの事務のお姉さん養成講座の第3回の講座を開催しました。

第3回のテーマは「表現力をあげる、向き合うことの大切さ」です。

まずは「表現力を上げる」について。

前回の宿題でチラシを作ってきてもらいました。納得のいくチラシを1回で作れる人はなかなかいません。言いたいことはある、伝えたいことがある、こんな風に思って欲しいというのもあるけど、どう表現すればそれが実現できるのかわからない。という段階にいます。

人の心を動かすことって難しいですよね。でもそれができないとお仕事を頼んでいただけないのです。スキルがあるとか経験豊富とか人柄がよいとか素晴らしいサービスであるとか関係ありません。それがすべてそろっていても伝わらなければ「ないこと」になってしまいます。もったいないですね。

チラシ以外にもウェブサイトやプレゼン資料など、誰かに何かを伝えるための方法について、どうやって心に響く表現にしたらいいかをお伝えしました。

文章を書くコツや画像やアイコンの選び方と加工、図やグラフ作成に便利なツールについてもちょっと触れたので、ビジュアル面でのクオリティもぐっと上げていけると思います。

チラシや名刺もおしゃれな、すくなくともダサくないものに仕上げていきましょうね!

 

そして「向き合うことの大切さ」について。

自分と向き合うって超重要事項なんですよね。自分がどのような人間であるのか、どんな考えや気持ちを持っているのかをできるだけ正確に把握することで、本当の望みがわかったり、自分のどこを変えれば嫌なことがなくなったり嬉しいことが増えたりするのかもわかります。

自分自身の見極めを間違ったまま何かを選択すると、どんなに改良しているつもりでもずっと望まない現実の中で生きることがあります。

窓の汚れを落とすべくあらゆる洗剤や窓掃除アイテムを駆使して一生懸命やってきた結果たどり着いたのは、汚れてたのは向こう側だったという現実、みたいなことです。

ちゃんと自分を見て自分の望みを叶えてやることが、猛烈に面倒で手間も時間もお金もかかり、長く終わりの見えない道だとしても、納得のいく人生を歩み、自分と仲良くなれる方法ではないかと思っています。

向き合い考え続ける類の強さ、誠実さを持っていたいですね。

 

今回は初のロープレを少しやりました。

お客様からご依頼内容をヒアリングする練習です。この世界の99%と言ってもいいくらい大半の人が仕事を依頼、指示する際に適切な情報を適切な方法で伝えることができません。私が起業してから待ち望んでいるDropboxのように他人同士の脳内の必要フォルダ、必要ファイルだけを同期する技術が開発されるまでは、ヒアリングが大事なのです(笑)

ロープレでは時間が短いので聞き漏れやヒアリングポイントのずれがありますが、本番は準備期間がたっぷりありますのでもっと気の利いたヒアリングができると思います。頑張りましょう。

 

今日は時間ぎりぎりまでやっていたので写真を撮っていませんでした!

次回は経理と営業という、重たいの×重たいのの回ですが受講生が簿記2級所有者さんなので、営業を重点的にやっていきます。

次回のレポートもお楽しみに☆