今日は、フリーランスの事務のお姉さん養成講座の第3回の講義を開催しました。

 

今回のテーマは「表現力を上げる、向き合うことの大切さ」です。

まずは受講生の皆さんが絶賛作成中のチラシに関連して、自分のサービスをどのように人に伝えていくとお仕事をもらえるのかということについてお話をしていきました。

プレゼン資料やサービス概要資料、名刺、ウェブサイトなどチラシ以外にも自分のサービスを知ってもらうためのツールはたくさんあります。
どれにでも共通することが、見る人の立場に立ってその人にとって素晴らしいものに仕上げるということが大事ですね。
フリーランスの事務のお姉さんは、事務代行会社が飽和状態のレッドオーシャンな業界にいます。ここ5年ほどで一気に事務代行会社が増えたのです。
そのため単なるサービスの説明だけでは弱いのですね。「この人に頼みたい」と思ってもらうために、何をどう伝えるかをしっかり考える必要があります。

次回からいよいよ営業活動を開始していきます。「この人に頼みたい、この人と仕事したい」と経営者に思ってもらえるというのはとっても重要なことなのです。
自分を気に入ってもらえると大きなメリットがあります。
例えば、
・競合に乗り換えられる可能性を低め、長くお取引できる
・契約時の条件交渉が正当に気持ちよく進められる
・お客様があなたの夢の実現のためにサポートしてくれたり、幸せや成長を願ってくれる

直接、経営者と会って話をしていくからこそできる、フリーランスの事務のお姉さんだからこそできるお客様との出会いがあります。幸福を感じて生きられる仕事のしかたが実現できます。

難しい課題ではありますが、できるだけ事前に自分の魅力を感じていただけるように工夫していきましょう。

それから「向き合うことの大切さ」というテーマでは自分の内面の見つめ方についてお話をしました。

誰かにムカついたとき、何かに傷ついたとき、自分自身や自分の現実が嫌になったとき、コンプレックスや課題を解消したいとき、自分や人をもっと大事にしたいと思ったとき、より充実した毎日を送りたいと思ったときなど、人生のあらゆる曲面で、自分の心と正しく向き合うことが重要になります。
そして仕事の面でも、特に従業員という従属的な立場ではなく自らがサービスを提供する立場になると、感情的にならず自分を冷静に見つめることでたくさんの課題をクリアできます。お客様との関係を良好にすることにも、収入を拡大することにも直結しているのです。

自分と向き合うことで、新しいものの見方や選択肢を得て、悩みがなくなったり自由になったり成長できたりするので、コツコツと続けていっていただきたいなと思います。

さて次回は第4回。経理と営業のお話です。
10/5のレポートもお楽しみに!