本日はフリーランスの事務のお姉さん養成講座10期生の第2回の講座を開催しました。

第2回のテーマは「自分を振り返ってアウトプットする」ということで、
自分のスキルややりたい仕事、得意な仕事などを振り返ってメニューを作るということをしました。

まずは料金体系のパターンを学びます。どのような依頼の時にどう金額を決めて契約をするといいか、それぞれのパターンの契約前の注意事項や契約後の発展のさせ方についての解説です。
そして料金を決めるための基準や考え方、計算すべきことなどを学びました。
受講生の皆さんは積極的に「こういう場合はどうすればいいですか」と質問をしてくださったので、より具体的に説明をすることができました。やっぱり、想像力って大事なんですね。
想像力のある人は、自分が経験したことのないことでも想像で補って不明事項について事前に調べたり質問したりできるのです。
妙にリアルで細かい空想が得意な人は、やったことのないことにチャレンジしてうまくいく可能性が高いのではないかなと思います。

さて、自分を振り返る作業についてはスキルや経験はもちろん、どんな事がしたいか、したくないかなど気持ち部分についても見つめてみました。

とりあえずメニューができたら、次はチラシ作りです。
営業活動を始めていく準備として、自分のサービスを伝えていくための表現やアピールポイントなどを掴んでいきます。

起業してフリーランスとしてやっていこうという人に決定的に欠落しているのが、お客様の存在です。
ほとんど全員の受講生が、お客様を想うということをやっているつもりでできていないので、チラシはもちろん営業活動やメニュー、サービス内容についてもいまいち独りよがりで相手に伝わらないものに仕上がってしまいます。
ですのでお客様については今後の講座を通して、そして起業の準備を通して考えていっていただきます。

今回もちょこっとマインドのお話をしました。
自分が自分をどのように扱っているのか、人からどう扱ってほしいのかという内容です。人によってはとても心に刺さって「これは自分の課題です」としみじみ考え入るのですよね。
自分を卑下しがちな人がフリーランスになると不必要に安くしてしまったり、不利な条件の仕事を受けてしまったりするので、今回のお話をきっかけに内面からの自分改革をしていただきたいです。
多分、フリーでなくとも営業職の人でも同じことが言えるのかなと思います。

さて次回は今回の続きで自力で作ったチラシを見つめつつ、自分本位ではなくてお客様本位のチラシ、表現、言葉というものをさらに考えていく内容です。
21日のレポートもお楽しみに~~。