今日はフリーランスの事務のお姉さん養成講座の無料体験講座を開催しました。

お越しいただいた方とたくさんお話ができて、とても楽しかったです。
参加してくださった方、いろいろとお話をしていただいてありがとうございました。

体験講座の日や、養成講座の受講生とお話するときはいつも、その人の輝く未来と心にある純粋さや力を見つめて「頑張れ~~~」という気持ちを心にいっぱいにしています。

その人がその人を信じて、行動すれば理想の未来が実現できるってことはわかっているので、なんとかどうにかこうにか、手を変え品を変え、その人がその人を信じてくれるように、
エピソードを話したり質問をしたり、課題を出したり、励ましてみたり厳しいことを言ってみたりといろいろなことをします。

養成講座は3ヶ月あって、その期間中にもともとなかった自信をさらになくしてしまったり、いつまでも不安だと言い続けていたりする人もいます。
スキルがない、コミュニケーション能力がない、人見知り、そこまで強い気持ちじゃない、思っていたのと違う、こんな自分じゃだめだと思うなどなど。親(や会社)まで引っ張り出してきて親(や会社)に反対されているという正当っぽい、抗えなくても仕方ないっぽい「じゃあもう頑張らなくていいね。諦めていいね」と許可を出すための理由を次から次へと拵えて。。

それでも根気よく、手を変え品を変えしていくと、ちゃんと「覚悟を決めて、四の五の言っていないでとにかくやろうっ」という気持ちになってくれるようになります。

そんな時、私はその人の”代わりに”喜ぶのです。
諦めて見捨てられなかった、その人の想いの代わりに。

私はいつも手を変え品を変え励ましたり厳しいこと言ったりするのは全部、その人の代わりにやっているつもりです。
自分と自分の会話だと、マイナスな方向に進みがちだったり出口じゃない迷宮入り方面に行ってしまったりすることが多いから、お節介だけれど他人の私が代行します。

ちゃんと本音と向き合えるように、自分の中から湧き上がっている力にしてしまった蓋を外せるように祈りながら。

自分と手と手を取り合って進んでいったその先にあるものが、また自分に力を与えてくれて、さらに先に進んでいける仕組みになっているから、自分で自分をそんな世界に連れて行ってあげてください。

いつだって、あなたが最後の砦です。

さてさて、次回の体験講座は4月14日(日)です。
自分で自分を幸せにしてあげるための人生を、いいかげんスタートしようね~~!

フリーランスの事務のお姉さん養成講座体験講座