今日はフリーランスの事務のお姉さん養成講座でした。

第3回のテーマは「表現力を上げる、向き合うことの大切さ」です。

前回の宿題がチラシを作るというものでした。
うまく人の心をつかんで受注につなげられるチラシを作りたい。伝えたいことがある。でもうまくアウトプットできない。。
そんなもやもやした状態で今日を迎えています。

そのもやもやをどう解消していくかの方法をお伝えしました。
クリエイティブな作業は苦手、という人も多いですがノウハウを知るとやってみたくなるものです。
クリエイティブに対して「イメージを形にするセンスのある人じゃないとできないこと」と漠然とした捉え方をしている人が多いですが、論理的に答えを導き出していく地道で、でもゴールが見えるとわくわくする楽しい作業なんですよ。

形にするためのノウハウや、簡単に作れるツールは溢れているので技術力がなくても、それなりにできてしまうものです。
できることが増えていく(=できないことが増えていく)、知っていることが増えていく(=知らないことが増えていく)、やってみたいことが増えていく、それは楽しいこと。
今日は「起業の準備が楽しい」という言葉を聞けて嬉しかったです。

第3回の心のお話は最重要ポイントです。
嫌な人がいる、嫌なことがある、不幸だと思う、理不尽なことがある、苦しくてつらいことがある。
そういうことに対してちゃんと現実と自分の心を見つめていく方法や重要性についてお話しました。
会社員が嫌だから、会社員だと不都合があるからフリーランスになろうと考える人がもちろん多いですが、フリーランスになっただけで解決して楽しく生きられるようになると思ったら大間違いなんてことがたくさんあります。

その苦しみや不都合の真の原因を見つめなければ、小手先の対処療法を続けても心が摩耗していくだけだったり、仕事が取れない、契約が継続しない、売上が上がらない、精神的に辛い、人を裏切り傷つけ孤立していく、そんな現実を手に入れてしまうことに繋がることがあったりするのです。

精神的に自立した自分の人生の責任を負える人を目指して、ゆっくりと生涯をかけて自己改革をしていきましょう。

今日は受講生の方が、自分の心と向き合うということを実際にワークとしてきちんと肚落ちするまで私と話をしていくことで、一番の課題で一番つらい大きな悩みに一筋の光を見出すことができました。
どうしてそんな目に遭うのか自分で考え続けたけれど感情が溢れて進めなかった。どうすればいいのかわかっているのにそれができなかった。ぐるぐるしてぐちゃぐちゃの気持ちになってどうしてできないのかわからなかった。
そのブレーキの正体を一緒に見つけられたから、突破口になるかもしれない小さな光に辿り着きました。
「納得した。今度はこうしてみる」笑顔でうなづいた彼女の、これまで感じ続けた痛みが消えていきますように。

地獄から自分を助け出すのは自分。
自分の人生を自分で切り開いて楽しくしていく、自分で自分を輝かせる力をみんな持っていると思います。
その力を信じて「こうすればいいんだ」をこれからもたくさん見つけていってほしいです。

 
講座の最後はロープレをしました。
お客さんから依頼があった場合に、依頼事項をヒアリングするという多くの人にとって「盲点」の練習です。
起業前に不安に思っていることは大した問題ではなく、むしろできると思っていたことや想定していなかったことが超重要事項であるものです。

できない、難しい、焦る、自信がない、怖い、変な提案しちゃった、という思いになって「もっとこうしなきゃ」「ああすれば良かったんだ」にたくさん気づいていただくことで、ぶっつけ本番になる前に質問対策と心の準備をしておいていただければなと思います。

今回は(も?)自分と向き合うワークをしっかりやったこともありだいぶ延長してしまいましたが、肚落ちするところまでの答えに辿り着けて本当に良かったです。

早くも半分まで来てしまいました。
次回は第4回。またロープレがあるのでがっつり練習していきたいと思います!
次回もお楽しみに~。